MLAについての解説

記事イメージ

MLAとは

MLAとはマルチレベルアフィリエイトの略でここ最近海外でも流行しているアフィリエイト報酬を目的としたビジネスモデルです。

アフィリエイトって?

アフィリエイトと言う言葉はテレビや雑誌でなんとくなく聞いたことはあると思います。
企業は自社製品やサービスを宣伝する為に莫大なマーケティング費用を支払い広告活動をしています。
その広告活動の一部としてホームページやSNSなどでアフィリエイター(宣伝する人)に宣伝してもらい、その報酬を支払うビジネスモデルがアフィリエイトです。

MLAとアフィリエイトの違い

通常のアフィリエイトは皆さんの知ってるところであれば、楽天やAMAZONなどの商品広告が有名です。
ブログやホームページに商品広告をのせ、それをクリックして購入されることによって報酬が発生します。

通常のアフィリエイトだと購入金額の1~5%程度の報酬しか得られず、その報酬も購入時の一回だけのものとなります。

しかし、MLAの場合、アフィリエイトで会員になった人がそのまま会員であり続けるかぎり安定した報酬を得ることができるのです。

よく混同されるビジネスモデルとの違い

MLAはよく、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)やねずみ講などと混同されることがあります。

大きな違い

まず簡単にいうとMLAとMLMは合法。ねずみ講は違法となります。
この違いはもらえる報酬がMLAとMLMは有限ねずみ講は無限。となりさらに、MLAとMLMは実在する商品やサービスを提供することに対し、ねずみ講は商品やサービスがなくお金だけのやり取りで人を紹介しないと損をしてしまうというころにあります。

ではMLAとMLMの違いは何なのでしょう?以下でご説明します。

MLAとMLMの違い

MLAとMLMとの大きな違いは販売者とそれを取り扱う者の氏名表示義務の有無。それと、ノルマがあるかないかとなります。

違い:販売者

MLM(ネットワークビジネス)の参加者は、ディストリビューターと呼ばれ、小売店もしくは販売店のことです。
MLA(マルチアフィリエイト)の参加者は、アフィリエイターと呼ばれ、メーカーの商品の紹介者であり広告宣伝者です。

つまり製造物の責任を負うのは、MLMではディストリビューターでMLAではメーカーということになるのです。

違い:勧誘方法

MLMでは、対面かつ書面が前提ですが、MLAでは、インターネット上で活動できるので対面の必要は無く、世界中をターゲットとした取引ができるのです。

違い:氏名表示義務の有無

先述のとおりMLMは、販売店である為、商品の責任を負わないといけないので氏名の表示は必須です。
一方MLAの場合、商品の責任はメーカーにあるため本人の氏名の表示は必要がありません。

違い:ノルマの有無

MLMは、多くの場合販売ノルマが課せられることが多いですが、MLAの場合、販売ノルマはありません

今お勧めの案件やご質問は